NPO法人恵庭市体育協会|北海道恵庭市|スポーツ・少年団・大会・イベント情報発進|恵庭クロスカントリースキー大会・えにわスポーツフェスティバル等

NPO法人恵庭市体育協会 > 協会概要

協会概要

協会概要

本協会は、平成18年に50周年の節目を迎え、現在23団体の協会と34団体のスポーツ少年団を抱え、平成20年4月に法人格(NPO)を取得しました。 今後も、自主的な企画・運営による更なるスポーツ活動の充実と発展を目指し、各加盟団体と協力し市民と一体となった協会運営を実現させていきます。
名 称 NPO法人恵庭市体育協会
所在地 061-1449 北海道恵庭市黄金中央5丁目199-2 恵庭市総合体育館内
連絡先 TEL:0123-21-9900 / FAX:0123-32-2263
URL http://www.eniwa-taikyo.com
設 立 平成20年4月 法人設立(昭和31年創立)
代表者 会長 松本 博樹
目 的 恵庭市民の体育・スポーツ振興に関する事業を行い、健康増進及び競技力の向上、青少年の健全育成、生涯学習の推進に寄与することを目的とする。

沿革

昭和31年 体育協会設立。陸上・野球・柔道・卓球・排球・庭球・スケートの7団体が加盟し 「体育協会競技部」として活動開始
昭和36年 恵庭公園に陸上競技場と野球場が完成
昭和38年 各競技部がそれぞれ単位協会となる
昭和45年 市制施行記念第1回市内めぐり駅伝大会開催 (現在はえにわスポーツフェスティバルと同時開催にて市民駅伝を実施)
昭和47年 恵庭市スポーツ功労者表彰規則の制定
昭和48年 北海道体育協会に加盟。石狩管内体育協会連絡協議会が設立、加盟。スポーツ少年団本部創設 第1回市民運動会(雨天中止)
昭和49年 スポーツ振興基金制度を制定。恵庭市議会スポーツ議員連盟結成
昭和50年 体育協会スポーツ功労者表彰規定の制定
昭和60年 市民スポーツの殿堂「恵庭市総合体育館」が落成
平成 元年 第44回国民体育大会軟式野球成年2部・バスケットボール少年少女開催
平成 4年 体協加盟単協数28団体となる。ジュニアスポーツ奨励賞を設置
平成 5年 恵庭北高校の伊藤佳奈恵選手が陸上競技女子100mで11秒62の日本新記録を樹立
平成16年 施設利用の有料化が実施される
平成18年 創立50周年事業記念式典挙行
平成20年 特定非営利活動法人恵庭市体育協会設立
平成21年 恵庭市内スポーツ施設(屋内4施設、屋外14施設)の指定管理者となる

組織図




ページ先頭へ