バレーボール協会

バレーボール協会
設立昭和31年4月
役員
会長
川股 洋一
副会長
菅原 伸治
西口 雅樹
理事長
今野 朋幸
会員数83名

沿革

 恵庭バレーボール協会は、昭和31年4月に体育協会排球部として誕生。昭和37年の体育連盟 設立に伴い、排球部からバレー部に改名し、体育協会と同じく本年で60周年を迎えました。
 バレーボール協会の近年の活動は、東京オリ ンピック(1964)以降は6人制が主流になり、『バ レーボール=6人制』が国内に定着した中、恵庭市のみならず、北海道内では一般男女及び家庭 婦人の部で9人制に根強い人気があります。これは高さのある6人制とは少し違い、ロー テーションが無いことから背が低くても9人制なら守りの要としてレギュラーになれることや、役割が明確で分かり易いことをはじめ、結婚や出産後に子育てをしながらスポーツをしたいという人達が、地域・職場の人と一緒になって楽しく活動できることにあります。そのようなことから協会では、9人制の大会を開催し、市民への普及を図り、地域活動に力を注いで います。

現況

 現在のバレーボールチームは、一般女子のチームが主で活動しており、年間の主催大会は、会長杯争奪バレーボール大会を含め5大会を実施しています。
 た、市民大会は中学生の部、一般男女混成の部を開催しており、各大会とも熱のこもった試合を繰り広げています。一般男子のチームは、昭和50年代には、自衛隊3部隊の各中隊を中心とし、市内の企業などのチームが多数あり20チームほど活動していた状況でした。
 近年は、クラブチームの『サミット』が平成15年からメンバー不足で活動を停止しており、現在男子チームで活動しているのは『恵庭市役 所』と『島松駐屯地』となっており、一般男子のチームの増が望まれています。

今後に向けて

 今後も、バレーボールの幅広い世代への普及のため、各大会の開催や指導者の育成を図っていくこととしています。
 また、小学生を始め、中学生、高校生等が地域活動、部活動で頑張っている中、各世代の活動に対し、協会も色々な形で支援していきたいと考えています。
 バレーボール協会も創立60周年を契機に、今後も市民の健康・体力づくりに役立つよう会員一同、頑張って参りますので、体育協会加盟団体を始め、関係各位のご指導・ご支援をよろしくお願いいたします。

バレーボール協会
バレーボール協会