ソフトテニス協会

ソフトテニス協会
設立昭和32年4月
役員
会長
畑中 真
副会長
近藤 孝作
太田あや子
理事長
山﨑 田三男
副理事長
坂本 武夫
事務局長
山﨑 田三男
会員数67名

沿革

 恵庭ソフトテニス協会(発足時は、恵庭町軟式庭球協会)は、昭和32年に発足し、恵庭市体育協会に加盟し体育協会の歴史と相俟って60年の歴史を迎えようとしています。
 北海道の冬期間のスポーツは、雪に閉ざされハンディを背負ってきましたが、屋内施設の整備等の充実からこれが克服されるようになってきました。
 最近は、北海道内出身選手でも全国中学生大会・高校インターハイや東日本社会人大会(クラス別)等での全国大会で優勝する等優秀な選手もおります。
 過去には市内陸上自衛隊三駐屯地・営林署・市役所の実業団及びクラブ単位で加盟し200名余の会員を有しておりましたが全て一般クラブに変わって会員が減少しているのが非常に惜しまれるところです。

現況

 当協会の現況は、市内に組織される一般クラ ブチーム5団体が約50名強の登録をしております。
 協会事業は活動は、春のコート整備から始まり毎日の練習で、コートの空く暇が無いほどの 熱心に練習を重ね、特に一部の会員にはクラス 別ですがその成果を道連主催の全道大会参加で実力を発揮し、優秀な成績を収めている者も おります。大会は市民大会4大会(インドア大 会1含む)冠大会4大会(インドア大会1含む)の年間8大会を企画し、育成・指導では、恵庭公園テニスコートを毎日午前中三面借上げ(13時 まで)又冬期間は総合体育館・島松体育館・南恵庭自衛隊体育館や福住運動場の開放事業など屋内施設を活用し、各クラブ練習や合同練習を通じ、新しい会員の掘り起こしや初心者の育成・指導にあたり年間通じての普及促進を図っております。
 しかしながら、地元高校・専門学校・大学等で個人的に活動している学生はいるのですが部 活は行っていません。又、育成で昭和58年に発足したソフトテニス少年団(現在は、活動停止中。)のOBが昭和60年に市内中学校2校にクラブとして柏陽中・恵明中で発足させ、恵み野中が加わり中学生だけで120名余の部員がおりましたが、現在は、少子化により恵明中(本年度は60名強の部員)のみが部活として存在し、継続が望まれるところです。

今後に向けて

 これまで、体育協会のスポーツ振興賞受賞者24名(現会員10名)市のスポーツ振興賞受賞者11名(現会員3名)を輩出し引き続きソフトテ ニスの普及・振興に寄与しております。
 今後は、潜在的ソフトテニス愛好者の確保や競技レベルの向上、初心者・若年層の育成のため組織を揚げて取り組んでゆきたいと思っております。

ソフトテニス協会
ソフトテニス協会