バドミントン協会

バドミントン協会
設立昭和32年
役員
会長
川原 光男
副会長
斉藤 安弘
樺澤 大藏
理事長
木村  悠
事務局長
清田 隆介
会員数127名

沿革

 本協会は、昭和32年バドミントン愛好者で島松駐屯地の新井田氏を会長に発足したのが始まりであります。昭和45年頃からの学校開放事業及び昭和60年総合体育館の完成によりバドミントンを行う環境は大変良くなり、それぞれのサークルが計画的、継続的に活動できるようになりました。その環境は、多少の変化はありますが現在も受け継がれています。
 最近10年の主要なトピックについて紹介しますと、平成19年、バドミントン協会創立50周年にあたり、記念大会及び会員による懇親会等を行い50周年の節目を盛大に祝うとともに会員相互の親睦を深めました。また、平成27年、バドミントン日本リーグ2015(恵庭大会)が初めて恵庭市で開催され、協会として大会運営及び審判員の支援を行いました。地元及び近隣の小・中・高の生徒等バドミントン愛好者が国内トップレベルの選手のプレーを肌で感じ若い世代の競技力の振興向上につながったものと思います。さらに、平成28年、全自衛隊総合バドミントン選手権大会が総合体育館で開催され、協会として大会運営などの支援を行いました。選手として大会に参加した協会所属の団体(島松駐屯 地チーム)及び個人が優勝するという輝かしい成果を挙げ、競技力の向上が図られていることを感じとりました。

現況

 就任9年目の川原会長のもとバドミントンの普及・振興及び競技人口の底辺拡大を目指しているところであり、年間5回の大会(市民大会、会長杯、成田杯、三杯、理事長杯)運営及びバドミントン教室に加え平成26年度から開催さ れている体育協会主催のJrバドミントン教室の支援等を通じバドミントン競技により多くの市民が参加できるよう努力しています。

今後に向けて

 当協会においては、平成29年に協会創立60周年の節目を迎えました。今後も体育協会とともに恵庭市のスポーツの振興及びバドミントン愛好者のための組織として新たなる気持ちで協会の運営に努力したいと考えています。

バドミントン協会
バドミントン協会