ソフトバレーボール連盟

ソフトバレーボール連盟
設立昭和24年4月
役員
会長
川股 洋一
副会長
鷲田 政博
理事長
村上 郁夫
会員数24名

沿革

 日本バレーボール協会が推奨する生涯スポー ツとして平成3年3月に「ソフトバレーボール」の普及と発展に力を注ぎ、北海道バレーボール 協会の加盟団体としてソフトバレーボール連盟を設立し、恵庭市を北海道ソフトバレーボール発祥の地として、平成6年に恵庭ソフトバレー ボール連盟(初代会長:二見孝治氏)を立ち上げ、着実に市民皆スポーツの一翼を担うべく、活動を展開しております。
 平成16年4月に恵庭市ソフトバレーボール 連盟として多くの愛好者によって「いつでも、どこでも、誰でも、いつまでも」を合言葉にソフトバレーボールが楽しまれています。

現況

 日本ソフトバレーボール連盟の次に掲げるソフトバレーボール・マナー15ケ条に基づいて、次のとおり奨励し実施しています。
◆ゲームは楽しく、あなたも私も一生涯スポーツマナー・エチケットを大切に
◆挨拶を交わして爽やかいいゲーム
◆思いやり心がけ次第で皆笑顔運営する人・プレーする人・応援する人
◆コート設営、後片付けみんなで協力速やかに
◆ルールは正しく理解ルールを守るのはあなたです
◆勝敗にこだわりすぎては角が立つ握手で始まり握手で終わる
◆主審の役割ゲームの最高責任者自信を持った吹笛を
◆ルールについての質問はゲームキャプテンのみを忘れず
◆監督はチームの統制者審判員への異議は権限外
◆相互審判汗をふきふき審判台
◆負けチーム他のゲームに目を注ぐ努力の成果花が咲く
◆表彰状汗を流した認定書
◆身だしなみけじめをつけてスポーツマン
◆ゴミの処理みんなで気配り跡始末立つ鳥あとを濁さず
◆ご苦労様ひと声掛け合う楽しい仲間
 平成10年3月29日に、千歳・恵庭地区連盟を設立し、現在に至っている。

今後に向けて

 年々、会員数が減少の一途をたどる一方ではあるが何とか、会員数をいかに増やすか日々努力している次第です。現在では、年1回全道大会を開催し全道各地より約55チームの参加を得て盛大に開催しております。
 体協加盟団体の中で会員数の一番少ない、団体ですが恵庭ソフトバレーボール連盟も創立22周年を契機に、今後も市民の健康・体力づくりに役立つよう会員一同、頑張って参りますので関係各位のご指導・ご支援を宜しくお願い致します。

ソフトバレーボール連盟
ソフトバレーボール連盟